パニック障害の原因・症状と治療法

パニック障害の原因・症状と治療法や自宅で自分で出来る方法をご紹介しています。

パニック障害の原因

そもそも“パニック障害になる原因”は何なのでしょうか?

※脳内不安神経機構の異常

パニック障害の原因は完全には解明されていませんが、最近では「脳内不安神経機構の異常ではないか」と考えられています。

ヒトの脳には無数の神経細胞(ニューロン)があり、その間を情報が伝わることで運動や知覚 ・ 感情 ・ 自律神経などの働きが起こります。

パニック発作や予期不安、恐怖などもこの脳の機能のあらわれで、そこに何らかの誤作動が生じるために起こっていると考えられるのです。

神経細胞間の情報を伝える化学物質(神経伝達物質)やそれを受けとめる受容体(レセプター)の機能の異常が関係しているのではないか、という研究が進められています。

【ノルアドレナリン仮説】
脳の青斑核という部分では、ノルアドレナリンという神経伝達物質を分泌し、危険が迫ったときに警報を発動する神経が作動するようになっています。

パニック障害の場合、このノルアドレナリンの過剰分泌あるいはレセプターの過敏が起きているのではないかと考えられています。

【セロトニン仮説】
ノルアドレナリンにより引き起こされる不安感がいきすぎないよう抑える働きのあるセロトニンという神経伝達物質が、不足したりまたはレセプターが鈍くなっているためではないか、という説です。またセロトニンの過剰によるとする説もあります。


スポンサーリンク


【ギャバ・ベンゾジアゼピン仮説】
不安を抑える働きのある神経伝達物質のギャバのレセプターや連結しているベンゾジアゼピン・レセプターの感受性に問題があるのではないかという説です。

※遺伝体質やストレスとの関係

パニック障害の患者の家系にはパニック障害やうつ病、アルコール依存症などの発症率が高いとされています。

うつ病やアルコール依存症も根底には不安が関係しており、不安を持ちやすい体質が何らか関連しているのではないかと考えられます。

ストレスとの関係は明らかにはなっていませんが、体質に加えストレスの多い環境や幼児期のつらい体験などの後天的な要素により発症するのではないかと考えられています。

※「心因性」ではなく「身体因性」ととらえるのが現在の主流

「幼児期の体験など過去のトラウマや性格的なもの」に注目する考え方は最近では少なくなり、発症や悪化の誘引としてストレスなどが関係していることは否め ないが、原因はあくまでも脳内不安神経機構の異常という生物学的なもので、ストレスで壊した胃を薬で治療するように、パニック障害も治療するのが対処としては有効であると考えられています。

 - パニック障害

スポンサーリンク


パニック障害改善マニュアル人気ランキング
パニック障害エスカレーター式トレーニング

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

 次へ
パニック発作とは?

 前へ
パニック障害の代表的な症状



●他サイト人気記事

パニック障害の原因

パニック障害の原因・症状と治療法や自宅で自分で出来る方法をご紹介しています。

Copyright© パニック障害の原因・症状と治療法 , 2015 All Rights Reserved.