パニック障害の原因・症状と治療法

パニック障害の原因・症状と治療法や自宅で自分で出来る方法をご紹介しています。

パニック障害とは?

パニック障害とは、

・胸がドキドキして息ができない ・・・
・このまま死ぬんじゃないか・・・
・気が変になりそう・・・

という強い不安になり、突然激しい発作におそわれる症状のことを言います。

【パニック障害】・・・想像もつかない、思いもよらない事態が発生した時に、一時的にパニック状態に陥ることは誰にでも起こりますが、特にこれといった原因もなく、体にも悪い所があるわけでもないのに、パニック状態に陥ること

この先起こりうる危険を察知して心の準備をしたり、緊急事態に備えた体の状態にするのは生物として当たり前の反応なのですが、パニック障害の方は実際には 危険が迫っていないのにもかかわらず、間違って非常事態と判断してしまい、いろいろな心身の反応を起こしてしまうのだと考えられています。

※決して珍しくない病気

100人に1人がパニック障害になったことがあるとも言われており、そんなに珍しい病気ではないですが、日本で認知されてきたのはごく最近です。

パニック障害は慢性化する場合もありますが、命に関わる病気ではなく、早い時期に適切な治療を施せば治りやすい病気だとも言われています。

※不安障害の一つ

昔は不安神経症や心臓神経症と一緒に扱われていましたが、現在では“パニック障害”として区別されています。


スポンサーリンク


パニック障害は 『不安障害』 の一つに分類されます。

不安は誰もが持っている感情ですが、繰り返し起こり頭を離れない病的な不安で、日常生活に支障をきたすような状態を『不安障害』といいます。

【 いろいろな不安障害 】

●全般性不安障害

漠然とした不安を抱えたり日常の事柄を過剰に心配する。

●心的外傷後ストレス障害(PTSD)

事故・災害・家族の死・暴力などの体験で心に傷を負ったことで発症。

夢でうなされたり恐しい場面を繰り返し思い出したり
神経過敏や不眠などに陥る。

●強迫性障害

家の鍵をかけたか何度も確認したり何度も計算をし直すなど
無意味な強迫観念にとらわれ行動してしまい、やめることができない。

●恐怖症

【広場恐怖】・・・パニック発作が起きることを心配し、恥をかいたり、逃げたり助けが得られなさそうな場所を恐れ避ける。

【社会恐怖】・・・人前に出たり恥をかくことを恐れる。対人恐怖、赤面症など。

【特定の恐怖症】・・・特定の対象に恐怖を感じる。高所恐怖、閉所恐怖、先端恐怖など。

 - パニック障害

スポンサーリンク


パニック障害改善マニュアル人気ランキング
パニック障害エスカレーター式トレーニング

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

最短9分でパニック障害を改善!?テレビ、雑誌に引っ張りだこの精神科医が監修したパニック障害改善プログラム

 次へ
パニック障害の代表的な症状




●他サイト人気記事

パニック障害とは?

パニック障害の原因・症状と治療法や自宅で自分で出来る方法をご紹介しています。

Copyright© パニック障害の原因・症状と治療法 , 2015 All Rights Reserved.